彦根左近の会

hikosako.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 3 )


2008年 04月 16日

三成文書に左近の名

【石田三成の重臣・島左近、領国経営に深く関与…文書発見】

★yomiuri-online記事~
石田三成が島左近らに領地経営に当たらせるなどとした古文書 戦国武将の石田三成が、重臣・島左近らに年貢収納を任せるとの内容の文書が見つかり、滋賀県長浜市の長浜城歴史博物館が9日、発表した。
文書は縦14センチ、横44センチ。三成が佐和山城(同県彦根市)の城主だった16世紀末に書かれたらしく、県内に住む代官の子孫が所有していた。代官に対し、城を空けることの多い三成に代わって左近ら3人の指示に従うよう記し、花押と日付があった。
数々の武将に仕官し、勇猛で知略にたけた左近は、三成に高禄(こうろく)で迎えられ、「三成に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と高く評された。
三成の文書で左近の名が出てきたのは初めてで、静岡大の小和田哲男教授(戦国史)は「左近の生涯は謎が多いが、領国経営に携わる姿が浮かび上がる。三成らの研究にとって画期的な発見」としている。



長浜城歴史博物館(館長 中島誠一)からの公式リリース

嶋左近の名前が記された石田三成文書の発見と寄附について

この度、石田三成がその家臣に宛てた古文書が、長浜城歴史博物館(館長 中島誠一)に寄贈されました。
この文書は、佐和山城(現在の彦根市佐和山町所在)の城主であった石田三成が出した数少ない文書の一つであり、これまでその存在が知られていなかった新発見の史料です。
また、三成の家臣である「嶋左近」の名前が、三成が出した文書で初めて確認された点で、貴重な発見とも言えるでしょう。
この文書により、謎に包まれた嶋左近の実像の一部が浮かび上がったと言えます。


               記

1 寄付文書 
石田三成判物(はんもつ) 今井清右衛門尉宛  1巻  縦14.2㎝×横43.7cm

2 寄付者名 
今井 紘一(いまい こういち)氏(滋賀県守山市在住、68歳)

3 寄付趣旨
本書の宛名の今井清右衛門尉は寄附者の祖先で、この文書はその伊香郡高月町唐川にある自宅に伝来したもの。
家宝として秘蔵しているよりも、三成出生地がある長浜市の博物館で、展示・研究活動の史料として活用した方が、本書の有効利用になると判断されたことによる。

4 寄附文書の内容
佐和山城主であった石田三成が、年貢収納に当たっての年貢率(免相、めんあい)については、嶋左近・山田上野・四岡帯刀に命じたので、その指示に従って年貢収納を行うよう、伊香郡の三成領代官を行っていたと推定される今井清右衛門尉に伝えた文書。
三成家臣である嶋ら三人の家臣は、遠隔地にいる三成に代わって、佐和山城で三成の領国統治を代行していたと考えられる。
ここでは、彼ら重臣が誓詞まで提出して、不正がないことを三成に誓ったとある。
近年の研究によると、石田三成が佐和山城主となったのは、天正19年(1591)とされており、さらに北近江四郡(伊香・浅井・坂田・犬上)を所領としたのは、文禄4年(1595)7月以降と考えられている。
本書の日付は8月23日で年号はないが、以上の状況から文禄4年以降で、
三成が佐和山城に退去する慶長4年(1599)閏3月以前の文書と考えことが出来よう。
石田三成が、佐和山城主として出した文書は、著名な文禄5年(1596)の13ヶ条と9ヶ条の掟書や、慶長2年(1597)の麦掟を除き、現物が残るものは9通しか確認されていない。
いずれも領内の寺社や家臣に宛てた文書で、本書は10通目の文書となり、それ自体が貴重である。
また、「嶋左近」の名が見えることは、大いに注目すべきである。
「嶋左近」は「三成に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と俗謡に歌われたように、三成の重臣として知られるが、その活躍を示す史料は少なく、実像は謎に包まれている。
嶋左近(1540~1600)について概略を示せば、名を「清興」と言い、もと大和国の戦国大名筒井順慶の家臣であった。
筒井順慶の没後、同家を去った後は蒲生氏郷にも仕えた模様だが、最終的に三成の家臣となるのは、天正19年前後と考えられている。
朝鮮出兵にも三成に従っており、関ヶ原合戦の前哨戦・杭瀬川の合戦では、徳川軍を大いに悩ませ中村一栄の家老・野一色頼馬を討ち取ったことで有名である。
関ヶ原合戦では奮戦かなわず、黒田長政隊からの鉄砲により被弾し、討ち死にしたと言われる。
その名は『多聞院日記』(奈良興福寺の僧・英俊の日記)など、出身地である大和国(現在の奈良県)の記録には登場し、寄進した燈籠(奈良市春日大社所在)や、奈良市川上町、それに京都市上京区の立本寺塔頭教法院に墓地が現存するが、石田三成家臣としての活躍は、後世に作られた逸話集・家譜、それに軍記物でしか確認できなかった。
本書はこれまでまったくその存在が知られていなかったものだが、三成自身の文書に「嶋左近」の名前が登場する唯一の史料が、新たに発見されたことなる。
左近が三成の重臣であったことを確認できる上で非常に重要である共に、石田三成研究の上でも貴重な発見と言えるであろう。

5 寄附文書の釈文

免相之弁ハ、嶋左近・」山田上野・四岡帯刀」両三人ニ申付候、右之三」人之儀勿論誓詞之」
上可為順路候間、任」其旨可相納候、三人」方へも右之趣申付候也、

八月廿三日 三成(花押)

    今井清右衛門尉殿

6 小和田哲男氏(静岡大学教授、戦国時代史の第一人者)
石田三成が出した文書に、「嶋左近」の名が記されている文書が発見されたと聞いて、非常に驚いている。
嶋左近は『多聞院日記』など、確実な同時代の史料に登場するので、その実在は確認できていたが、この文書の発見で、石田三成の重臣としての姿が、改めて確認できた。
「嶋左近」の生涯については謎が多いだけに、三成研究にとっては画期的な発見と言えるだろう。

7 寄附文書の公開
来る5月23日(金)から、7月15日(火)まで開催される「長浜城歴史博物館 新収館蔵品展」(別途、広報を行います)で初公開する予定です。
[PR]

by hikosako | 2008-04-16 19:12
2008年 03月 21日

義の旗のもとに~知遇を得て嬉しく思う・・・

いしだみつにゃんとしまさこにゃんが再会する日が決定しました!!
         2008年4月6日 佐和山城址天守跡


                 義の旗のもとに~~知遇を得て嬉しく思う・・・

f0017409_19461180.jpg

【参陣アンケートページ】円滑なイベント運営の為、ご協力ください。

【特製花見弁当ご予約ページ】:4/6再会記念風呂敷付き包

関ヶ原の戦場で別れてから400年以上。
共に桜の元での再会を夢見ていた両名が、2008年の桜の咲き誇る佐和山天守でついに再会をはたします
この佐和山主従の歴史的瞬間に立ち会いませんか?
遠方から来てくださる方もいらっしゃるので、日程だけでも先にお知らせします。

ついに時間と開催場所が決定しました!!!
2008年4月6日(日)

【第一部】「念願の400年の時を越えた再会劇」
場所 佐和山城址天守(佐和山の山頂になります)
時間 受付開始9:00~ 龍譚寺門前
    再会劇イベント開始11:00 佐和山城址天守

【第二部】「第一義大花見会」
場所 佐和山山麓 龍譚寺門前広場
時間 受付開始13:00~
    大花見会イベントは13:30開始(予定)
    終了を16:00と予定しています。


f0017409_209599.jpg
再会イベントは二部構成で行います。
第一部は佐和山城址天守跡で行う、歴史的再会劇です。
第二部は井伊神社前にて行う「第一義大花見会」と名づけた参加型ゲーム大会です。
(ゲームの景品も僅かながら用意して候♪今のところ参加費は考えておりません)

9:00より彦根駅改札前に甲冑武者の案内人が立ちますので、そこで案内地図と当日スケジュールの載ったチラシを受け取ってください。
電車で来られない方のためにイベント会場でもお配りしますが、駐車場の準備はありませんので、駅前のパーキング等に各自止めていただき徒歩又はタクシーなどでお越しください。

f0017409_1823620.jpg

念願の「400年の時を越えた再会劇」は9:00より受付を開始し、11:00よりイベントを開始します。
第一部のイベント終了は12:00を予定しています。それから10分ほどスタッフと共にゴミ拾いに参加していただき、下山となります。できれば当日は石田家臣団になったつもりで、恥ずかしくない行動とご協力を宜しくお願いします。
受付は佐和山の麓、石田三成公の銅像のあるハイキングコースの入り口に設置します。山頂まではほぼ一キロですが、ハイキングというよりはちょっとした登山の覚悟でお越しください。女性の足で30分かからないくらいだと思います。
スカートやヒールでの来場は大変危険です。できるだけパンツ・スニーカー等の動きやすい服装でお越しください。
大きな荷物は貴重品を除いて受付で預かることもできますので、スタッフへ声をおかけください。
受付にて第一部参加者先着50名様に再会劇後の茶会で利用する特製ゴザとお茶を渡しますので、各自が持って天守におあがりください。ご協力をお願いします。

注意!!天守への道のりはあまり良いものではありません。今回は自己責任で参加不参加を決定していただき、万が一登山中に怪我等を負われましても保障はできませんので、了承ください。
また、山頂、登山道にはトイレはございません。イベントに参加される方は麓にてあらかじめ済ませておいてください。


f0017409_1801441.jpg

なお昼食は各自用意していただくか、あらかじめご予約いただく事をお勧めします。
※特製弁当の受付は4月3日午前一時で締め切らせていただきます。
お弁当のお代は当日受付で集めさせていただきます。
※予約金は不要ですが、4月1日以降のキャンセルはできません
予約頂いた方には当日受付でお代を頂き、ご希望により登城される方には、下山後に現品を受け取れる予約チケットをお渡しする事もできます。

佐和山城周辺には飲食店はありませんのでお弁当を、ご用意・ご注文されなかった場合は駅前等まで出て行かなくてはならないのでご注意下さい。

f0017409_14322856.jpg
JRおでかけネット(駅構内や周辺情報を要チエック)
佐和山周辺地図(受付の龍譚寺までのルートも要チエック)
彦根市までの交通アクセス
【三成の豪壮な城が築かれていた佐和山】
 標高233mの佐和山は、琵琶湖からの距離も2kmと近く、また、北国街道や中山道を見下ろす交通の要衝にあったため、昔から近江の南北勢力により争奪が繰り返されていました。
 鎌倉時代初期、近江守護の佐々木氏により城郭が築かれ、天正18(1590)年、石田三成が城主に着任。大改築をした結果、5層の天守閣を構え、鳥居本(とりいもと)を正門とする「三成にすぎたる城」といわれるほど堅固な城になりました。
 関ヶ原の合戦で三成が敗れたあと、彦根藩主の井伊氏が城をもらいうけましたが、領民の三成への思慕を断ち切るため、城を徹底的に破壊し、主な資材は彦根城築城に使いました。また、大手門は、京橋通りにある宋安寺の表門(赤門)にも利用されています。
 現在、佐和山城をしのぶ遺構のようなものは何もなく、わずかに山腹の石田群霊碑だけとなっていますが、山頂から望む湖東の山々と琵琶湖や彦根市内 の景色は素晴らしく、春の桜、秋の紅葉も見事です。
f0017409_184889.jpg

f0017409_18131475.jpg
                       彦根駅から見る佐和山


第二部「第一義大花見会」と名づけられたゲーム大会は受付を13:00から開始。
イベントは13:30開始(予定)
終了を16:00と予定しています。

ゲームで使うものをお渡しするので、必ず受付を通って参加ください。
ゲーム内容は参加型のものを考えておりますので、みなさん子どもに戻ったつもりで盛り上がっていただけると嬉しいです。
なお、再会イベントのみの参加、ゲーム大会のみの参加も大歓迎です。
時間の都合で両方参加できない方(途中で抜けなければならない方も大丈夫ですよ)、山登りを避けたい方もいらっしゃると思います。気兼ねなく参加していただければ嬉しいです。

当日の参加人数や天候等によって変更があるかもしれません。あらかじめご了承ください。
質問のある方はドシドシ書きこんで下さい。できるかぎり確認を取ってお答えします。
みなさんの参加をお待ちしています!!!

先日、レンタサイクルでの来場の問い合わせがありましたのでお知らせします。
彦根駅はレンタサイクルがありますので、利用される方はどうぞ!!
◆駅りんくん〇1回利用 500円(翌朝10時まで) 100台
  ↓
都市型レンタサイクル“駅リンくん”彦根駅に登場
気候もいいですし、天気に恵まれればサイクリングも気持ちいい時期だと思います。
往復のことを思えばタクシーよりリーズナブルで、自由がきくかもしれませんね。
イベントのあとは是非、花しょうぶ通り街の駅、戦國丸いらしてください。さこにゃんみつにゃんグッツがお待ちしてますので!!

f0017409_19361810.jpg◆昭和レトロのボンネットバス<3月20日から運行>
佐和山・龍潭寺・彦根港・彦根城・夢京橋キャッスルロード・銀座街(花しょうぶ通り)を周回します。
一日券500円、1乗車200円
※12歳以下は半額料金。チケットは車内でもお求めいただけます
詳細は ご城下巡回バス時刻表by近江バス



主催:LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅
お問い合わせ:LLPひこね街の駅「戦國丸」
E-Mail:info@machinoeki.info
TEL:27-2810「力石」/27-5058「戦國丸」
〒522-0083 滋賀県彦根市河原3丁目4-36

[PR]

by hikosako | 2008-03-21 19:25
2007年 03月 25日

「日本第一の勇猛」「鬼神をも欺く」勇将とたたえられた左近


「鬼左近」とも称され

「日本第一の勇猛」「鬼神をも欺く」勇将とたたえられた左近、

その風貌を伝える肖像などもまったく残されていませんし、

必ずしも正確に伝えられていません。


a0096758_919123.jpg



名字
  ●「島」:現代の表記  
  ●「嶋」:古い史料類
通称
  ●「左近」:諸史料
  ●「左近 允(さこんのじょう)」:
        『古今武家盛衰記』
実名
  ●「勝猛(かつたけ)」:圧倒的で、現代の史書もこれを採用
  ●「友之(ともゆき)」:『和州十五群衆徒郷士記』など多数
  ●「昌仲(まさなか)」:『常山紀談(じょうざんきだん)』
  ●「清興(きよおき)」:根拠が多い『多聞院(たもんいん)日記』など
当会は「島 左近 清興」を採用し以後「左近」と表記します。

■生国は?

  ●大和(奈良県)説 一般論

 左近が大和の筒井氏に仕えていたことはたしかな事実で、同国平群(へぐり)郡には嶋氏という国人(こくじん)がいて、早くから筒井氏と行動をともにしていたことも明らかです。それらを結びつけて考え、左近を大和の出身とするのが、自然な発想の一般論です。
嶋氏:
 春日神社の神人(じんにん)であり、興福寺一乗院の坊人でもあったという(朝倉弘・『奈良県史』所収「大和武士」)。
 応仁の乱には、筒井党として東軍の畠山政長の側に立ち、いったんは没落の憂き目をみたが、筒井氏の復活とともに息を吹きかえしたらしい。

 嶋一族は筒井氏麾下にあって平群谷(へぐりだに)を押さえ、椿井城(つばいじょう)〔生駒郡平群町〕、西宮城〔同町〕に拠っていたとみられている。
 左近その人の家の系譜は明らかでないが、父を豊前守といい、興福寺寺宝院を建立したという伝えがあったという〈『諸系図纂』)。左近軍旗/①裾黒斜め分けに神号と柏紋、二引『関ケ原合
     戦図屏風・井伊家本&木俣家本』

  ●近江(滋賀県)説 『坂田郡志』

 近江の箕浦荘(坂田郡近江町)の領主に嶋氏があり、本氏を藤原と称し、京極家の傘下に入っており、この家の嶋若狭守の子が左近であると記したものですが、当の嶋氏そのものの記録(『嶋記録』、『嶋系図』)には左近の名は見えません。
 しかし、左近の名は徳川家をはばかって消されたものであるとし、後に左近が石田三成と肝胆相照らすことになったのも、同郷人であり、ともに京極傘下にあったからだとしています。
  ●尾張(愛知県)説 『寛政重修諸家譜』

 織田一族の信正の五男某が通称を左近といい、石田三成に属して関ケ原の戦いに討ち死にした、とあります。しかし、それ以外には傍証もないし、この織田氏が嶋氏と改めたのは、信正の三男一正が美濃(岐阜県)の嶋村に移住した以降のことだというから、ややつじつまが合っていません。
  ●対馬(長崎県)説 『古今武家盛衰記』など

 史料もいくつかあるりますが、根拠は明らかではありません。


a0096758_9232770.jpg



裾黒斜め分けに神号と
柏紋、二引
『関ケ原合戦図屏風・
井伊家本&木俣家本』









■三成への出仕とその関係
  ●城より得がたいもの


 『三成は、賤ヶ岳の戦い(天正十一年)では七本槍に次ぐ武名を馳せた。時に三成、二十四歳。
 才知のみ語られがちな三成であるが、この賤ヶ岳の戦いでは、秀吉の為に思う存分槍をふるい武功を賞された。その時の勲功により水口4万石の領主となった三成は、野洲川を外堀とし、古城・近江岡山に入ったが、本格的な築城はなかったようである。 が、この地で三成は
城より得がたいものを得た
       ---不出世の将器「島左近」その人である。---
 近江水口で四万石の領主となった三成が、その半分の二万石をさいて、これを獲得したというのである。これを聞いた秀吉が君臣の禄が同じだということは昔からためしがない、左近もその志に感じて三成に仕えたのだろうと感嘆し、左近をよんで三成によく仕えるようにといったという。』

 という話があります。左近は高名の士であったから、高禄で招こうとした諸侯も多く左近がいかに大物であったかを示す逸話であるが、残念ながらこの話には確たる根拠があるわけではないし、左近が三成に仕えるのは後のことになるがこのころ出会ったの事実であろう。。

a0096758_927519.jpg

[PR]

by hikosako | 2007-03-25 09:31